離婚相談、遺言・相続、著作権などに関する業務を承ります|大分市クローバー行政書士オフィス

女性行政書士が対応させていただきます

  • ごあいさつ

    この度は、クローバー行政書士オフィスのホームページを
    ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
  • クローバー行政書士オフィスのモットー

    日本では、クローバーの1枚1枚の葉には
    「希望」「信仰」「愛情」の意味があると言われており、
    四つ葉のクローバーには「幸福」の意味が込められていると言われています。
    クローバー行政書士オフィスは、お客様に「幸福」をもたらせるように
    一生懸命努力いたします。

    行政書士 福島弓子
  • ご相談(メール・電話・面談)

    電話初回(20分)無料

    電話による相談予約受付時間10:00〜18:00(土日も対応可)

    メール初回(1往復)無料

    左下の「メール」からおすすみください。

※ お電話での相談の際、通話料はお客さま負担となります。
※ メールでのご相談は、いただいた内容へのお答えのため一般的な回答になることもございます。

※ 当方よりお客様のご自宅・会社にご訪問いたします。

※ 行政書士には守秘義務が課せられていますので、安心してご相談ください。

行政書士はあなたの困り事のご相談を承ります

  • 離婚協議書」は作成した方がいいの?
  • 遺言」「相続」の相談は誰に?
  • 「著作権」は著名人だけのもの?
  • 国際結婚」「帰化」のアドバイスが欲しい!
  • その他「法人設立」や「各種契約書作成」など

ご相談の事例

1、「離婚相談」の一般的な事例です

  • 離婚協議書」の作成について
  • 離婚時は一時の感情から
    「相手からお金は貰いたくない。」「養育費はいらない。」と思うかもしれませんが、
    養育費は子どもが受け取れるお金であり、子ども自身の権利です。

    離婚する際に、夫婦で話し合いをし、
    合意できた内容(養育費、慰謝料、財産分与、親権者のことなど)を
    書面にして「離婚協議書」を作成します。

    将来、相手方からの慰謝料の支払いが滞った時、
    離婚協議書を強制執行認諾条項付きの公正証書にしておくと、
    裁判所の判決によらず強制執行することができ、
    相手の給料等を差し押さえることなどができます。

2、「遺言」「相続」の一般的な事例です

  • 公正証書遺言」の作成について
  • 遺言を作成しておくことは、相続を「争続」にしないための有効な方法です。
    せっかく作成した遺言が無効とならないように、
    法的なルールにのっとった遺言書を作成することが大切です。

    相続関係や相続財産の状況を十分に確認したうえで行います。
    公証役場での証人の立会いや、死後事務委任、遺言執行者についてなども含め、
    総合的なアドバイスをさせていただきます。
行政書士のお仕事について
クローバー行政書士オフィスイメージ画像 私の考える「行政書士」のすがた

「行政書士」は、行政書士法に基づき、行政機関に提出する書類を代理で作成する業です。

「書類」の中には、あなたの大切な物、守りたい物、そして思いが込められています。
「紙切れ一枚」とも揶揄されることもありますが、大分育ち、女性の立場で「心」を守るお手伝いをモットーにしています。